2024/05/24 03:48


…………………………………………………………………………………

ローヤルゼリーのよくある質問はこちら:

https://www.toaen.com/blog/2023/09/11/194816

…………………………………………………………………………………

  


ローヤルゼリーの効果について 

ローヤルゼリーが各種の症状に対する多くの有効な結果が報告されていますが、ローヤルゼリーのもつ如何なる成分がどのような種類の症状に効果を有するのか、科学的に確立されていないのが実情です。

ご参考までに科学的な手法で行われた研究を簡略に紹介いたします。

 

1.1      高脂血症に対するローヤルゼリーの作用に関する研究

脂血症とは中性脂肪やコレステロールなどの脂質代謝に異常をきたし、血液中の値が正常域をはずれた状態をいいます。動脈硬化の主要な危険因子であり、放置すれば脳梗塞や心筋梗塞などの動脈硬化性疾患をまねく原因となります。

 

ところで、我々が食事として摂取する脂肪は、小腸で膵臓から分泌されるリパーゼによって分解され、β-モノグリセリドや脂肪酸の形で吸収される。脂肪がそのままの形で吸収されることは全く起こらない。従って、膵リパーゼを阻害することによって脂肪の分解が抑制されれば、小腸からの脂肪分解産物の吸収が低下し、高脂血症が改善する可能性が期待できます。

 

膵リパーゼの脂肪分解と小腸吸収上皮細胞からのグルコースの取り込みに対するローヤルゼリーの作用の調査研究により、膵リパーゼの脂肪分解作用がローヤルゼリーにより抑制されることが明らかになりました。

 

つまり、ローヤルゼリー健康食品が脂肪の小腸からの吸収を抑制することによって、高脂血症を改善する可能性を示唆するものです。

参考、引用文献】筑波大学医学医療系 社会健康医学 山岸良匡教授. 脂質異常症/高脂血症“.厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト. https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/metabolic/ym-029.html

 

参考、引用文献】愛媛大学医学部医科学第二教室 奥田拓道教授. 高血脂症及び成人糖尿病に対するローヤルゼリーの作用に関する研究 “. (社)全国ローヤルゼリー公正取引協議会. http://www.rjkoutori.or.jp/research/page/page01.html

 

1.2      成人糖尿病に対するローヤルゼリーの作用に関する研究

糖尿病とは、血液中のブドウ糖の濃度(血糖値)が高い状態が長期間続く病気です。血糖値を下げるインスリンというホルモンの量が不足したり、働きが悪くなったりすることで起こります。2型糖尿病はインスリンの出る量が少なくなるか、または肝臓や筋肉などの細胞がインスリンの作用を感じにくくなり、発症します。日本では、糖尿病の約95%が2型糖尿病です。

 

糖尿病では小腸から急激にグルコースが吸収されるのは好ましい状態ではありません。小腸からの食事由来のグルコースの吸収を阻害することは、成人糖尿病の病態を改善する一助となると考えられます。

膵リパーゼの脂肪分解と小腸吸収上皮細胞からのグルコースの取り込みに対するローヤルゼリーの作用の調査研究により、小腸の刷小縁小胞にグルコース(糖)が吸収されることが、ローヤルゼリーにより抑制されることが示されました。

 

つまり、小腸からのグルコースの取り込みをローヤルゼリーが抑制することを通じて成人糖尿病の病態改善を行う可能性が示されました。。

 

参考、引用文献】東京都保険医療局 保健政策部 健康推進課 健康推進担当. 糖尿病はどのような病気?“.東京都保険医療局. https://www.hokeniryo.metro.tokyo.lg.jp/kensui/tonyo/diabetes.html

 

参考、引用文献】愛媛大学医学部医科学第二教室 奥田拓道教授. 高血脂症及び成人糖尿病に対するローヤルゼリーの作用に関する研究 “. (社)全国ローヤルゼリー公正取引協議会. http://www.rjkoutori.or.jp/research/page/page01.html

 

 

1.3      ローヤルゼリーペプチドの高血圧改善作用に関する研究

高血圧症とは、動脈血管内で血液が血管壁を押す力が慢性的に高くなり、全身の血管や臓器に負荷をかけ、様々な機能を障害する疾患です。厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイトによりますと、日本人にとって、高血圧は喫煙と並んで、日本人の生活習慣病死亡に最も大きく影響する要因です。

 

近年、ローヤルゼリーに関しては、タンパク質を分解して得られた“ペプチド”を含む食品が開発され、人の高血圧改善について研究されています。

 

血圧が高めのヒト(正常高値血圧、Ⅰ度(軽症)高血圧; 16 17 /群)にローヤルゼリータンパク質加水分解物(500, 1000, 5000 mg/日)を4週間摂取させたところ、偽薬(ローヤルゼリーを含まないもの)と比べて、1000 および 5000 mg/日の摂取群において血圧が摂取量に比例して低下しました。

 

別試験では、血圧が高めの人(正常高値血圧、Ⅰ度(軽症)高血圧; 53 54 /群)にローヤルゼリータンパク質加水分解物(1000 mg/日)を、12 週間摂取させたところ、偽薬と比べて、10および12週間後に血圧が低下しました。試験食品による有害作用は見られず、摂取終了後に摂取前より血圧が高くなるリバウンド反応も見られなかったことから、このローヤルゼリーは、安全で穏やかに高血圧を低下させると結論されています。

 

ローヤルゼリーのタンパク質加水分解物中に含有される成分を分析した結果、2 3 個のアミノ酸からなるペプチド(イソロイシルバリルチロシンなど)が発見されました。これらは、血圧を上昇させる重要な酵素の活性を抑えることにより、降圧作用に寄与すると考えられています。

 

参考、引用文献】筑波大学医学医療系 社会健康医学 山岸良匡教授. 高血圧“. 厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト. https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/metabolic/m-05-003.html

 

参考、引用文献】(社)全国ローヤルゼリー公正取引協議会. “ローヤルゼリーペプチドの高血圧改善作用“. (社)全国ローヤルゼリー公正取引協議会. http://www.rjkoutori.or.jp/research/page/page10.html

 

 

1.4      ローヤルゼリーによる耳鳴りの軽減に関する研究

ここで言う耳鳴りとは、「外界に音を出しているものが無いのに、自分にだけは音が聴こえている症状」のことです。50 60 歳以上の年齢の方に特に多くみられます。原因が様々で、耳垢や耳の周囲の筋肉の痙攣を初め、難聴、中耳炎、内耳炎、メニエール病および聴神経にできた腫瘍等の耳関連の病気、また、高血圧、高脂血症、糖尿病および更年期障害が関係したものもあります。

 

ローヤルゼリーの摂取により耳鳴りが改善するのか、科学的に検討されました。慢性的に耳鳴りを感じている人(12 /群)が、ローヤルゼリー(7002400 mg/日)を8 週間摂取したところ、2400 mg/日摂取群では、700 mg/日摂取群と比べて、統括医師による試験項目の総合評価において耳鳴り改善率が高い結果でした。特に、“耳鳴りの大きさ”および“耳鳴りの気になり方”という自覚症状および耳鳴りの重症度を示すスコアにおいて、改善が認められました。試験期間中に有害な作用は見られず、その安全性の高さも改めて確認されました。

参考、引用文献】(社)全国ローヤルゼリー公正取引協議会. “ローヤルゼリーによる耳鳴りの軽減. (社)全国ローヤルゼリー公正取引協議会. http://www.rjkoutori.or.jp/research/page/page10.html

 

 

1.5      ローヤルゼリーの老化抑制作用の検証に関する研究

女性ホルモンの分泌低下により、女性は急速に老化の兆候が現れてきます。特に、婦人科領域では、皮膚の変化、外性器の変化、膣萎縮、膀胱の容量 の減少、骨粗鬆症などの変化が臨床的に、観察されます。中でも、膣の萎縮は、ほぼ全ての婦人に現れる変化です。

 

今回の研究では閉経後5年以上経過した老齢婦人の膣細胞診を検索し、その細胞像が年齢に比較して分化しています。結果としては、ローヤルゼリーの服用により、膣の細胞は確かに分化する傾向を示したことから、ローヤルゼリーには膣細胞に対する分化促進作用があると推察されました。

 

臨床的な観察でも確認できたことは、コルポスコピーなどによる観察から、ローヤルゼリー服用例での膣や子宮膣部の表面は年齢に比較してきれいであり、透明な帯下により湿潤している様子を観察することも可能です。そのほかにも、ローヤルゼリーの服用例では皮膚の透明度もよく、老人性のシミも目立たない症例も認められました。

参考、引用文献】陳瑞東クリニック院長 癌研究会附属病院顧問. “ローヤルゼリーの老化抑制作用の検証. (社)全国ローヤルゼリー公正取引協議会. http://www.rjkoutori.or.jp/research/page/page02.html

 


…………………………………………………………………………………

ローヤルゼリーのよくある質問はこちら:

https://www.toaen.com/blog/2023/09/11/194816

…………………………………………………………………………………




【ローヤルゼリー】よくあるご質問はこちら
【蜂蜜】よくあるご質問はこちら
【HONEY BeVi(蜂蜜酢)】よくあるご質問はこちら