2024/06/23 23:10

国産のはちみつと台湾産のはちみつの違いは?(その二、種類)


はちみつの種類から違いを解説いたします。

  l  種類について


 日本の場合、地域の特性により、その地域ならではの味や香りがします。

よく見られているはちみつの種類をいくつか紹介します。



Ø  アカシア:淡黄色でクセの少ない味わいが特徴です。国内でも人気が高く、「はちみつの女王」と呼ばれています。東日本、特に長野県や秋田県が主な産地となります。

Ø  レンゲ:淡黄色でまろやかな味わいが特徴で、やさしい花の香りがします。アカシアと並ぶ国内で人気が高いはちみつとされています。九州などの地域が主な産地となります。

Ø  みかん:透明感のある色で柔らかい口当たりクセが少ないです。柑橘類特有の爽やかな香りがするのは特徴です。静岡や和歌山など柑橘類が多い地域が主な産地となります。



台湾の場合、蜜源の種類が豊富で、例えば龍眼やライチ、菜の花、文旦、ナンキンハゼ、紅柴など。

市販はちみつとしては、主流となっているのが龍眼はちみつ、次位がライチはちみつ、他のが“百花蜜”に属する場合が多いです。



Ø  龍眼:世界三大ハチミツの1つ。深い琥珀色で、濃厚な香りがするのは特徴です。

 台湾の南部が主な産地となります。

 世界三大ハチミツとは、世界中のハチミツのなかで特に美味しいと人気の高いもので「ロンガン(龍眼/竜眼)・ユーカリ・クリスマスツリーエトリコ」の3つが世界三大ハチミツと言われています。


Ø  ライチ:黄金色がかった浅いコハク色で、ふんわり香りを帯びたのは特徴です。

 主な産地は台湾南部の高雄と中部の南投です。





    ・・・それでも解決しない・・・
    こちらのお問い合わせフォームからお問い合わせください。

【ローヤルゼリー】よくあるご質問はこちら
【蜂蜜】よくあるご質問はこちら
【HONEY BeVi(蜂蜜酢)】よくあるご質問はこちら