2024/06/06 15:08

6-2、成人糖尿病に対するローヤルゼリーの作用に関する研究

回答

糖尿病とは、血液中のブドウ糖の濃度(血糖値)が高い状態が長期間続く病気です。血糖値を下げるインスリンというホルモンの量が不足したり、働きが悪くなったりすることで起こります。2型糖尿病はインスリンの出る量が少なくなるか、または肝臓や筋肉などの細胞がインスリンの作用を感じにくくなり、発症します。日本では、糖尿病の約95%が2型糖尿病です。

 

糖尿病では小腸から急激にグルコースが吸収されるのは好ましい状態ではありません。小腸からの食事由来のグルコースの吸収を阻害することは、成人糖尿病の病態を改善する一助となると考えられます。

膵リパーゼの脂肪分解と小腸吸収上皮細胞からのグルコースの取り込みに対するローヤルゼリーの作用の調査研究により、小腸の刷小縁小胞にグルコース(糖)が吸収されることが、ローヤルゼリーにより抑制されることが示されました。

 

つまり、小腸からのグルコースの取り込みをローヤルゼリーが抑制することを通じて成人糖尿病の病態改善を行う可能性が示されました。。

 

参考、引用文献】東京都保険医療局 保健政策部 健康推進課 健康推進担当. 糖尿病はどのような病気?“.東京都保険医療局. https://www.hokeniryo.metro.tokyo.lg.jp/kensui/tonyo/diabetes.html

 

参考、引用文献】愛媛大学医学部医科学第二教室 奥田拓道教授. 高血脂症及び成人糖尿病に対するローヤルゼリーの作用に関する研究 “. (社)全国ローヤルゼリー公正取引協議会. http://www.rjkoutori.or.jp/research/page/page01.html



その他の研究:

                         


関連するFAQ

このFAQ(よくあるご質問)を閲覧したお客さまはこんなFAQ(よくあるご質問)も閲覧しています。


・・・それでも解決しない・・・
こちらのお問い合わせフォームからお問い合わせください。

【ローヤルゼリー】よくあるご質問はこちら
【蜂蜜】よくあるご質問はこちら
【HONEY BeVi(蜂蜜酢)】よくあるご質問はこちら